• 東京で中絶にかかる費用と手術方法

    やむを得ない事情で人工妊娠中絶が必要になったとき、手術の時期は早ければ早いほど、母胎へのダメージが小さくなります。特に今後再び妊娠を希望する場合には、できるだけ早めに決断することが望まれます。



    手術をしたことを周囲の人に知られたくないときは、自宅や職場から離れたクリニックへ行くのも良いでしょう。

    幸い東京には、交通の便が良く各地から患者が集まるクリニックも多いので、利用しない手はありません。人工妊娠中絶手術にかかる費用は、現在では15万円程度が相場と言われています。

    東京で比較的費用の安いところを探すと、10万円ちょっとで手術を実施しているクリニックもあります。

    重い病気で出産に耐えられない場合など、よほどの理由がない限りは、健康保険が適用されず、原則として全額自己負担になります。

    クレジットカードや分割払いに対応しているクリニックもあるので、負担が重いと感じる場合は相談してみましょう。

    中絶手術には大きく分けて掻爬法と吸引法があります。



    昔から行われてきた掻爬法は、母胎を傷つける可能性がある反面、確実性が高いのが特徴です。

    吸引法は器具を子宮内に入れないので掻爬法よりも母胎に優しく、今のところ東京のクリニックでは主流になっています。
    いずれにせよ中絶手術は、体への悪影響を最小限にとどめることが最も大切です。



    少しでも不安に思うことがあれば遠慮なく医師に質問し、十分に納得してから手術を受けてください。