• 中絶で傷ついた心の負担も軽くしてくれる東京の病院

    • 東京で中絶手術を受けられる病院を選択するとき、2つの選択肢があります。


      婦人科専門のクリニックを選ぶか、産婦人科クリニックを選ぶかです。


      産婦人科クリニックだと、妊娠して出産を望む女性も通います。お腹の大きな女性が待合室にいます。


      そうした人と一緒にいるのがつらい人は、東京でも婦人科専門のクリニックを選びましょう。
      病院では、スタッフ全員が女性のところもあります。

      医師や看護師など病院内にいるのは女性のみなので、心理的負担が減ります。



      院内にアロマディフューザーを置くなどしていて、患者がリラックスして通院できるよう心がけているところなど、病院により工夫している内容はさまざまです。


      注意したいのは妊娠週数です。


      妊娠10週までとしているところが多いですので、それまでに東京の中絶できる病院を受診しておきましょう。
      当日での受け付けも可能としているところがあるので、可能性があればすぐに受診してください。

      本当に親身になってくれる医師は、中絶に対するリスクも必ず説明してくれます。

      手術の仕方なども説明してくれ、胎児といえども人の命を絶つという行為をすることで母親が背負う罪悪感もフォローしてくれます。


      手術はすぐに済んでも、心に傷を残すことになるとその後の人生を明るく過ごせません。



      次に望まれた妊娠をするためにも、心の回復は重要です。


      女性の心を理解してくれる病院であれば、次の妊娠に向けて前向きになれるよう、身体も心もフォローしてくれます。



  • 医療について情報

  • ためになる医療

    • 中絶手術を東京の病院でした後のフォロー

      東京で中絶手術をする場合、なるべく自宅から近い場所でのクリニックを選択すると身体の負担が違ってきます。手術は初期であれば日帰りもでき、その日からシャワーを浴びることも可能ですが、生理痛のような痛みが続くこともあります。...

  • 身に付けたい知識・予備知識

    • 東京で中絶にかかる費用と手術方法

      やむを得ない事情で人工妊娠中絶が必要になったとき、手術の時期は早ければ早いほど、母胎へのダメージが小さくなります。特に今後再び妊娠を希望する場合には、できるだけ早めに決断することが望まれます。...

    • 東京で心に大きな傷を残さずに中絶するには

      東京のクリニックでも中絶に対する考え方はさまざまです。すぐに手術をしてくれるところもあれば、その日には絶対にせず、何度も本人の意思を確認したうえで行うところもあります。...